明元素 暗病反

東北地方太平洋沖大地震におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申しあげるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申しあげます。

私宅は本棚および積んである物が全て倒れ、買ったばかりのテレビの画面が割れ、食器戸が開き食器が全て落ちて割れてしまった位で人的被害や建物倒壊はありませんでした。

岩手の友人の無事も確認できましたが今ある現状にやはり疲労の色を隠せないようでした。

地震以後、原発問題での苛立ちの声を目にしますが、現場で働いている方々は命を張って取り組んでいる訳で、私はそれにどうこう言えません。私にはK-19のような非常に辛い状況が思い浮かびます。

また、周辺地域の放射能被害も気になります。放射能被害が怖いのは汚染ではなく風評被害だとも言われています。

そんな折、昔よく遊びに行った鮫川を思い出し、FKN英吾のブログを読みました。
福島出身の彼にはこの現状はとても辛い状況だと思います。
鮫川で走れる日が早く来る事を祈ります。




日本はこれからです。これから良くしていくよう心がけていきましょう。
地震前より良くなると信じています!

とりあえず僅かながらファミリーマートのファミポートから赤十字に義援金募金しました・・・

スポンサーサイト
弱り目に祟り目 | Home | KR

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する