ヘルメット

以前から「銀ベル探してください!」メールを頂く事が多く「銀ベル」をよく知らない私は友人のジョイに「銀ベルある?」等と聞いてもいい返事はもらえずにいました。
結局ヘルメットについているシールの色が銀色だから「銀ベル」なんですね。
で、1962年基準のものを言うらしいのでそんなものを入手?借りて?
何が違うんだろう??
と比べてみました。

向かって左が「銀ベル」 右が私が普段被っている500円で買った中古メット。
IMG_2103[1]
帽体の大きさは言われてるほど小さくない印象です。
でも被り口というか頬の辺りが1~2cm狭いんですね銀ベル。
この数センチの違いと歴史が10万円オーバーのヘルメットの価値なんですかね?
でもこの数センチの絞りでずいぶん被った時の形が違うもんだなとも感じました。
内装も薄いので確かにマッチ棒のようにはならないですね。

あと、帽体の小ささだけならGRANTなんかのほうが小さいですね。
IMG_2104[1]


追記
ピンスト失敗・・・
IMG_2088[1]
IMG_2089[1]
スポンサーサイト
シート | Home | 本日はとても過ごしやすく・・・

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する