分解組み立て

先日エンジンを下ろしたついでに確認の意味でばらしてみました。

DSCN1348.jpg
DSCN1349.jpg
DSCN1350.jpg
DSCN1351.jpg
DSCN1352.jpg

とりあえずドライサンプなのに循環型ではないオイル機構もウェットサンプのごとく満遍なくオイルが行き渡って??ました。

ばらしたついでに、ショーに向けて勢いで組んでしまった為、もう一度クランクの芯だしと各部ボルトナットの締めを行ないたかったのです。
DSCN1353.jpg
DSCN1354.jpg
DSCN1355.jpg
DSCN1356.jpg
DSCN1357.jpg
隙間だらけのオイル垂れ流し機構も塞げるところはOリングなり何なりで嵌めこみましたがこれが吉と出るか凶と出るか。

「戦前のバイクをやるならまず旋盤を買ういなさい。」以前知人に言われた御言葉でございます。何度と無くブログでも書きましたが毎度痛感しております。

今回ばらしたおかげで、ああ、やはりクランクのピニオンシャフトとドライブシャフトは作り直した方が良いなと思いました。

まあでも私の判断基準ではマダマダイケル!なのでまずは走らせないと!ですね。
スポンサーサイト
近況 | Home | C MODEL 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する