シャベルも20年

気がつけばこのシャベルも今年で20年目です。

1番古くから所有しているのにも関わらず今では私の所有バイクの中で最も高年式です。

FLHのストリップから始まり、何度か外装変え今に至っているわけで現在も不満は無いのですが、折角なので自分のオリジナルパーツとミリ単位での位置修正をしてみようかなと思ってしまった訳で、思ったからにはやってみよう!となった訳でございます。

という事でガーターフォークを作ってくれている(いや、それ以上に色んなものを作ってもらったりかなりワガママきいて頂いてる)アパッチさんへ。


オリジナルパーツのナローピーナツハイトンネルサイドキャップ。

ハイトンネルといってもハーレーでいうとビッグツインのセンターチューブ下の補強フレームが隠れる程度の深さ。

私はこの位が1番バランス取れてるのではなかろうか?と感じて製品化した訳でございます。

そしてこのKジマさんテールも非常に気に入っていたのですが…


最近作ったデッドストックニャーレンズを使用したランプで外し技。
スパルトタイプを使用します。

しかもアパッチさんでせっかくボディ付で作ってもらったのにそのまま使わず直溶接…


なんだか怖いフェンダー。

そして溶接写真を撮るのを忘れこんな感じに。



そしてハンドルはシンプルにドラッグバーで。


以前オリジナルパーツとして販売していたものですけど密かに私自身が気に入っていて、売れなかったら自分で買い取ろうと思ってたのですが売れてしまったので無理いってまた作ってもらいました。
今回は私のポジションにあわせて。


ライトは今までビンテージのTSのを使っていたのですが今回はその辺で手に入るベイツタイプにします。


とまあ仕様は今の形と何が違うの??
っていうパーツ構成です。

いいんです。
いいんですってこれで!

用の美です。

質実剛健なシャベルはシンプルに私の足としていて欲しいのです。

さて、パテ打つ前に中性洗剤で洗い


パテです。


さてどんな色にしますかな。


アパッチ柳沼さん、遅くまでありがとうございました。
スポンサーサイト
あけましておめでとうございます | Home | ジーパン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する